Archive for the ‘気になったニュース’ Category



3年前のニュース: 環境省に汚染土が届く??

Tuesday, November 18th, 2014

3年前の今日(2011年11月18日(金))放送のTBS森本毅朗スタンバイで聴いた原子力問題関連ニュース:

環境省で保管処分して欲しいなどと書かれた紙とともに放射性物質に汚染された土が環境省に届きました。その後土は総務課長が放射線量が低いので自宅の庭で処分しようと話したことを受けて職員が持ち帰って捨てたということです。土は回収されましたが細野環境大臣は関係職員などの処分を検討しています。

なんとも不可思議なニュース。
おそらく、汚染土の送り主の意図は、原発事故による環境汚染を抗議すること。
これを受けとった環境省、総務課長は「こんな放射線レベルなんてなんの問題もない」と、一笑に付すような対応。
よくよく考えてみると、抗議する側と抗議される側が全く異なった立ち位置にあることがよくわかる。
不謹慎だけど笑ってしまう。
しかし、笑いごとではないな。こんなんじゃ、汚染土の仮置き場、中間貯蔵所などの議論がきちんと進むわけはない。
(続きを読む)



3年前のニュース: 福島の米に暫定基準値を超えるセシウム検出

Monday, November 17th, 2014

3年前の今日(2011年11月17日(木))放送のTBS森本毅朗スタンバイで聴いた原子力問題関連ニュース:

福島市内の農家が生産した米からはじめて国の暫定基準値を超える放射性セシウムが検出されました。福島県によりますと玄米から一キロあたり630ベクレル検出されましたが出荷前で市場には流通していないということです。県はこの地区の出荷自粛を要請し前後調査を行う方針です。

食品にたいする暫定基準値は一キロあたり500ベクレル、「新たな基準」では、一般食品中の放射能濃度を一キロあたり100ベクレルとなっている。

このニュースの翌日(18日)、政府は「この地区からの米の出荷を停止するよう指示」している。



3年前のニュース: 大卒初任給が二十万二千円に

Sunday, November 16th, 2014

3年前の今日(2011年11月16日(水))放送のTBS森本毅朗スタンバイで聴いたニュースのうち、原子力関連ニュースが取り上げられていなかったので、興味をもったものを選んでみた。

話題は大卒初任給について:

今年の大卒の初任給は前の年より2.3%増え二十万二千円で二年ぶりに増加しました。厚生労働省の調査で大卒の初任給が20万円を上回ったのは男女合わせた集計を始めた二千一年以降初めてです。一方高卒は0.8%減って十五万六千五百円で七年ぶりに減少しました。また今回の調査で規模の小さい企業ほど賃金の改善が遅れている実態が明らかになりました。

もう随分昔の話になるが、私が職を得た1977年に大卒初任給が10万円を超えたように記憶している。Web上で1977年の大卒初任給を検索してみると、確かに、この年に101,000円になっており、10万円から上述の20万円になるまでに34年経過している。 (続きを読む)



3年前のニュース: 高速増殖炉もんじゅ維持費 無駄遣い

Saturday, November 15th, 2014

3年前の今日(2011年11月15日(火))放送のTBS森本毅朗スタンバイで聴いた原子力問題関連ニュース:

高速増殖炉もんじゅの関連施設が建設や維持費におよそ830億円かけながら10年以上放置され活用されていないことが会計検査院の指摘で分かりました。また昨年の末までのもんじゅの総事業費は日本原子力研究開発機構がこれまでに発表した額より1500億円以上多かったこともわかりました。

2011年10月18日(火)のニュースとして記録していたが、日付を訂正のうえ再録。
(続きを読む)



3年前のニュース: 細野環境大臣、伊達市の除染作業に参加

Friday, November 14th, 2014

3年前の今日(2011年11月14日(月))放送のTBS森本毅朗スタンバイで聴いた原子力問題関連ニュース:

福島県伊達市で行われたボランティアによる除染作業に細野環境大臣が参加しました。細野大臣は放射線量が局地的に高い伊達市内の一画にある住宅の庭先で表面の土を削る除染作業に参加し「想像した以上に大量の土が出る。どうやって安定的な仮置き場を確保するかが大きな課題だ」と述べました。

事故から8か月過ぎたこの時期になって、やっと、除染作業で発生する汚染土が大量であり、その行き場が大きな問題であることに初めて気づいたような環境大臣発言に驚きを感じる。汚染土の行き先をどうするかが大きな問題となることは除染しようとした時点で十分わかっていたことだ。 (続きを読む)