Archive for the ‘生活・税金・年金・社会’ Category



平成28年分確定申告を終了

Friday, February 3rd, 2017

平成28年分の確定申告を終えた。

確定申告は、今や、私にとって毎年恒例の行事のひとつになっている。しかし、なにぶん一年に一度のこと、毎回、申告作業の手続きを思い起こしながらやることになる。変な表現になるのかもしれないが、一種の「認知テスト」を受けているような気分だ。

なんとか、今年も無事終了することができた。ホッとしているところだ。まだまだ、ボケ老人の仲間になるには少々時間があるようだ。

以下、今年の申告作業を進めるなかで、気づいたこと、戸惑ったことをメモしておいた。 (続きを読む)



日本老年学会が「高齢者の定義」変更を提言??

Friday, January 6th, 2017

日本老年学会と日本老年医学会という組織が「高齢者の定義を変更すること」を提言したらしい。新聞各紙がこのニュースを伝えている。朝日新聞にいたっては一面で報じているようだ。

今朝のTBSラジオの「森本毅郎 スタンバイ!」でも、冒頭で、このニュースを話題にしていた。私、やっと、高齢者のなかまいりをしたと思っていたら、「高齢者の定義」が変わり、そうではなくなりそうなんて思ってしまう。 (続きを読む)



あれ? 公的年金からいろいろ天引きされているぞ!

Monday, December 12th, 2016

日本年金機構から「年金振込通知書」が送られてきた。

これまでお世話になっていた厚生年金基金が改組されたのに伴い、支給されていた年金のうち「代行部分」が国(年金機構)から支給されることになり、年金の受け取り額が変わった。

今回、受け取った「年金振込通知書」で、年金機構から支払われる12月そして2、4月分の支払い額が通知されている。

新たな仕組みになることから、支給予定額を詳しくみた。正直なところ、驚いてしまった。

そんなに多くない年金からかなりの額が天引きされている。 (続きを読む)



早期退職して10年が経過

Saturday, July 2nd, 2016

10年前の今日、7月1日に早期退職した。

それまでの「安定」した給与生活者「会社員」の世界から「無職」と呼ばれるそれに移行したのだ。

定年に伴い退職を迎えるいわゆる「定年退職」ではなく、定年まで2年半を残した早期退職であった。世間的な見方、言い方では「落ちこぼれ」たのである。

それなりの見通しを持って早期退職したつもりだったが、当時、まだ中学生の娘を抱えての退職は、自分自身だけでなく、妻、娘に大きな不安を与えたに違いない。

それから10年経った。

今、そうした不安を払拭し、乗り切ることができたように思っている。今後も人並みの老後を送ることができるような希望もうまれてきたとの手ごたえもある。

この10年の「無職」生活を振り返り、今の「思い」をメモしておいた。 (続きを読む)



高齢者の元気の秘訣!

Thursday, March 17th, 2016

NHKの国会中継(3月1日放映)で自民党の平沢勝栄議員が質問していた。高齢者の雇用問題を扱っていたが、そのなかで「高齢者の元気の秘訣はキョウイクとキョウヨウ」なんて調子のいい話をしていた。

この話、高齢者を小馬鹿にした話だと思っていたら、平沢議員の紹介した「キョウイクとキョウヨウ」なんて話は、高齢者の社会参加の大事さを説くためによく引き合いにだされているようだ。

どうでもいい話とは思ったが、私も65歳を超える高齢者のひとりということで平沢議員の話をメモし、ちょっとした感想を書いておいた。 (続きを読む)