e-Taxで確定申告(2008年版)をやってみて

February 22, 2008 – 5:47 pm

「住基カードの取得から1年経って」で書いたように、今年も、e-Taxを活用して確定申告を行った。実際に申告作業を終えてみると、このe-TAXによる申告作業、「ネット納税で手間を省こう」という日経の社説のタイトルがしらじらしく思えるほど、大変な作業である。ITの専門知識と、税務署職員並みの知識を合わせ持ったユーザーが、やっと使えるとんでもないシステムというのが実感だ。このブログでは、今回行った具体的な作業に沿って、e-TAXの問題について検討する。

(続きを読む)



住基カードとパスワード

February 21, 2008 – 4:47 pm

前回のブログで書いたように、昨年、私が申請・取得したのに引き続き、我が妻も住基カードを取得した。取得に際しての手続きは、昨年と殆ど変わっていなかったようだ。カード取得申請時にもらってきた書類も殆ど昨年のものと変わらない。大きな違いは、「公的個人認証サービス・利用者クライアントソフト」インストール用CDのバージョンが新しくなった程度だ。しかし、些細なことだが、ひとつだけ気になる違いがあった。パスワードを記録するための簡単な(メモ用)カードをもらってきたことだ。

(続きを読む)



住基カードの取得から1年経って

February 21, 2008 – 1:41 pm

今年も確定申告の時期がやってきた。この時期になると、確定申告にe-Taxの利用を薦めるキャンペーンが行われる。日本経済新聞(2月17日朝刊)の社説でも、「ネット納税で手間を省こう」というタイトルで、「ネット納税を柱に電子政府の実現を急ぐ必要がある」としている。私も、昨年に引き続き、e-TAXを活用して確定申告を行ったばかりだ。

(続きを読む)



受験勉強につきあって

February 16, 2008 – 5:49 pm

我が子供、今年が高校受験の年である。中学生時代は、友達と仲良く、楽しい時間を過ごすのが一番大切と考え、今はやりの塾にも通わせていなかった。ほとんど受験勉強とはどんなものか考えることもなく、この時期を迎えてしまったというのが真相だ。受験の時期が迫り、塾通いをさせる代わりに、私自身が、子供の受験勉強につきあうことになった。そこでいろいろ現在の受験事情が見えてきた。

(続きを読む)



科学・サイエンス教育のありかた

February 16, 2008 – 4:29 pm

2月3日付けの日経朝刊に「科学」、「サイエンス」の国民の意識について興味深い記事をふたつみつけた。ひとつは、内閣府調査結果についての報道、「環境やエネルギー問題『科学で解決』6割」というものだ。もうひとつは、毎週日曜日に掲載されるインタビュー記事「かがくCafé」の「文・理問わずサイエンスを」だ。どちらも、科学・サイエンスに対する国民の意識、そしてその教育のありかたを考えるうえで興味深いものである。

(続きを読む)