Archive for the ‘身の回り・時事・雑感他’ Category



首相退陣とオリンピックジンクス

Saturday, September 4th, 2021

日経電子版(9/4)「菅首相退陣、『コロナ禍での対話不足」海外メディア」に菅首相退陣に対する海外メディアの反応が紹介されていた。

この中で興味深かったのはこの記事の最後の部分。日本では、オリンピック開催後、首相が退陣するというジンクスがあるというところ。

記事の関連部を以下転載:

シンガポールのストレーツ・タイムズ紙は8月、日本の首相を巡る「オリンピックジンクス」を伝えた。これまで日本が五輪開催後1年以内に首相が辞任したと指摘。1964年の東京五輪後に池田勇人氏、72年の札幌冬季五輪の後には佐藤栄作氏が辞任。98年の長野冬季五輪の後には橋本龍太郎氏が辞任している。今回の退陣で菅氏もジンクスを覆せなかったことになる。

なるほど、そういわれてみればそうだなと感心してしまう。

オリンピックを開催するというのは、開催国に対しそれなりの負荷を与えるものかもしれない。無理をしてオリンピックのような大イベントを開くと、ひずみが生じ、国民の不満を生むことになる。

今回の菅首相の退陣に、国民の反対を押し切ってコロナ禍のなかで開催したオリンピックが影響しているのは確かだ。それに、IOC から菅首相に栄誉賞が贈られたという話を聞くと、国民を犠牲にしてオリンピックを開催し、一国の首相が、IOCごときに頭をなでられるというのはなんと情けないことだと思ってしまう。

菅首相は、この報いを受けたような気がする。全くの偏見かな?



政治の世界って一寸先は闇なんだ –菅総理が総裁選出馬見送る —

Friday, September 3rd, 2021

自民党の総裁選挙がどうなるのか興味深々で見ていたら、突然、菅総理が今月の末に予定されている総裁選挙に出馬しないという話になった。

昨日まで、菅総理の総裁選出馬は当然との話だったので驚いた。こういうことがあるので、政治の世界は一寸先は闇といわれるのだろう。

一年前に「人間の器とは・・・ - 菅は総理の器じゃない?-」を書いた。今回の菅総理の失脚は、ある意味で予想どおりの展開になったのではないかとの印象だ。菅というのは、一国の首相としての資質に欠けていたということなのだろう。
(続きを読む)



今年も、「安定ヨウ素剤」配布のお知らせを受け取った

Thursday, September 2nd, 2021

「令和3年度安定ヨウ素剤事前配布のお知らせ」が送られてきた。このお知らせ、ヨウ素剤の未受領者と更新対象者に対し送付されているという。

平成27年度に、原子力発電所から5キロの範囲にある住民を対象に安定ヨウ素を配布することになり、我が家が原電・東海第二原子力発電所から2.5キロに位置していることから、この薬剤の配布対象者になっている。

毎年この案内を受け取ているが、我が家では、この薬剤の受領手続きをしていないし、する気もない。

理由は簡単だ。

私が、東海原電の再稼働に反対であること。そして、原子力発電所が稼働していない限り、ヨウ素剤の配布が無意味ということのためだ。

送付されてきた「お知らせ」に含まれている資料は、これまで受け取ったものとほとんど同じものだ。違いといえば、少しばかり表現が違うということぐらいだ。全くの無意味なもの。税金の無駄遣いといっても過言ではない。

そろそろ、私のように、このお知らせに反応しない未受領者に対し、送付を停止すればいいのではと思うがいかがだろう。



久しぶりのブログ更新

Tuesday, August 24th, 2021

ブログの更新が滞っている。

前回エントリーを書いたのが8月7日だったので、何も書かないで2週間以上経過してしまった。8月に入って、まだ一回しか書いていない。

何か書かねばということで書き始めてはみるものの、まとまりのないものになり、公開するところまで行き着かない。困ったものだ。

中身はともかく、ブログ記事を定期的に更新することにより、私自身の生存確認ということになる。なんでもいいから書いておけば、それなりに意味はあるのかもしれない。

ブログ記事として書くべきテーマは数多くある。自分自身の身の回りにあること、世界の事件・事故について自分の感想などなど書けばいいはずだ。

大上段に振りかざさず、その都度、自分の思いをメモることだけで十分だ。

さて、毎日、大変な事件、事故が連発している。昨年はじめからの新型コロナの世界的流行、異常気象による大水害とか山林火災など大きな災害の頻発、中国の香港民主化勢力の弾圧、最近ではアフガニスタンのイスラム原理主義者タリバンによる制圧、等々枚挙に暇がない。

こうした事件・事故について、感想を書くだけでもいいのではないかと思う。

しばらく、内容、質を問わないで、身の丈にあった記事を、毎日、なんでもいいから書くことにしてみることにしよう。



NORITZ社製ガス給湯器の「故障」と修理

Saturday, August 7th, 2021

一昨日、6年前に取替・更新したNORITZガス給湯器が故障した。

故障内容は、浴室リモコン(RC-D101SE)の表示が消えてしまったこと。

該当するリモコンの機番をGoogleで検索すると、NORITSのHP内の「製品に関する大切なお知らせ」に、次のように記載されていた(以下、転載(一部省略))

給湯機器用浴室リモコン「RC-D1**シリーズ」の修理について
このたび、当社が2014年3月から製造・販売いたしました給湯機器用浴室リモコンRC-D1**シリーズの一部におきまして、表示の一部もしくはすべてが消える不具合事象が発生しています。

【不具合事象】
浴室リモコンの表示の一部もしくはすべての表示が消える事象です。
尚、本事象は浴室リモコンの表示のみの不具合であり、リモコンの動作および台所リモコンの表示には影響しません。

【お願い】
当該リモコンにおいて上記のような表示部の不具合が発生したお客さまには、お手数、ご不便をおかけしますが下記のフリーダイヤルまでご連絡いただき、修理のご依頼をしていただけますようお願いします。
当社担当者が不具合事象を確認の上、リモコンを交換させていただきます。

【対象販売期間】
2014年3月~2016年7月

本製品については、消費者庁 リコール情報サイトに不具合事象が登録されており、ここに、該当するリモコンを無償交換する旨が記載されていた。

ノーリツ コンタクトセンターに修理の依頼をすると、その日のうちに、最寄りのNORTZサービスセンター担当者が交換作業をしてくれ、一件落着。

ノーリツの迅速な対応に感謝。