Archive for the ‘身の回り・時事・雑感他’ Category



もう11月になった

Tuesday, November 1st, 2022

このブログが休眠状態になっているが、ここらで再開しなければと思っているところ。

それにしても、このところ世の中の動きが激しすぎ、とてもついていけないというのが実感。

つたない記事ながら、「継続は力」ということで個人的感想を書きなぐらなくてはと思っているところ。



やはり iPhone は強いな

Saturday, September 3rd, 2022

日経電子版(9/3 4:48配信)に「米国内のiPhone比率、初の50%超え Androidを逆転」という記事がでていた。

この日経記事のリード文を以下転載:

米国で使われているスマートフォンに占める米アップルの「iPhone」の比率が2022年4~6月に初めて50%を超えたことが明らかになった。腕時計型端末などの豊富な周辺機器やサービスによって魅力を高め、米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載した他社端末からの乗り換えを促すことに成功している。

この記事によると、「約150種類が流通するとされるアンドロイド搭載端末のシェアの合算値を逆転」し、50%超のシェアを獲得したという。

5年前、「携帯電話の世界シェア推移 -興味深いニュース記事-」に、私は、iPhoneについて次のように書いたことがある:

AppleのiPhoneは独自のiOSを採用している。ある意味、携帯というか計算機の異端ともいえる位置にある。変な表現になるかもしれないが、「オタク」系の携帯とでもいえる。「オタク」がひとたび世界を牛耳ると、その独自な世界から抜け出せないため、安定したユーザー集団を形成することになる。
私の携帯、3年前からiPhoneだ。今や、Appleの独自の世界に取り込まれ、他の携帯に乗り換えることはできないように思う。
あれこれ考えてみると、サムソンが凋落するのも、そう遠くない未来かもしれないな、なんて思ってしまう。

私が予測したように、iPhoneは快進撃をつづけている。当然の成り行きではないのだろうか。

もううひとつの感想、独自のOSを使っていることにより、「腕時計型端末などの豊富な周辺機器やサービス」の展開が可能になってきたということだろう。

特に、AppleWatchは魅力的な機器だ。今、最も欲しい電子機器をあげろと言われると、まず、このAppleWatchだ。やはり、独自のOSの上で開発を進めているAppleの魅力はすごい。

iPhoneが「顧客からスマホのゴールドスタンダードとの評価を受けている」というのは当然か。
  



ウクライナ、南部州で大規模な攻勢 ー戦況に変化の兆し?ー

Tuesday, August 30th, 2022

今後を見通すことが困難なウクライナ情勢だが、ウクライナが南部州で大規模な攻勢にでているようだ。ひょっとしたら戦況が変化する兆しではないかと期待。

日経電子版(8/30 6:22更新)にウクライナ、南部州で反撃 ロシア「IAEA調査に協力」」という記事がでていた。記事のリード文は以下に転載:

ウクライナ軍は29日、ロシアが占領するウクライナ南部ヘルソン州の奪還に向けて大規模な攻勢を開始した。同国南部に位置するザポロジエ原子力発電所をめぐっては、ロシア側が国際原子力機関(IAEA)の調査に協力する姿勢を示した。

ウクライナメディアによると、同国軍はヘルソン州でロシア軍の最初の防衛線を突破した。ロシア軍は防衛拠点から撤退したり、後退を始めたりしているという。ヘルソン州はロシアが侵攻初期に占領を進めたが、その後、ウクライナが反攻を強めている。

連日のウクライナ報道のなかで、へルソン州をウクライナにが奪還するかどうかが戦況の分かれ目というように思う。上述の記事、その観点からみて、かなり大きなニュースだ。

ロシアがウクライナに侵攻して半年たったところであるが、これまでに、ロシア兵士の8万が死傷したと報じられている。侵攻開始時点で15万の兵力がつぎ込まれたというので、ロシアはその半数を失ったということになる。当初のロシアの目論見は完全に崩れたということだろう。

ウクライナ南東部に位置するザポロジエ原発の状況が気になる。この原発、ヨーロッパ最大、世界で三番目の規模の原子力発電所。ロシア型の加圧水型原子炉6基からなる。現在、ロシア軍の支配下にあるようだが、数日前(8/25)には2基の原子炉への外部電源が停止し緊急システムが作動した。かなり危険な状態にあると理解している。

南部で劣勢になっているロシアがこの原発を「人質」にとって脅しをかけているような気がする。IAEAの調査団の受け入れも、原子炉人質状態を正当化するための、一種のプロパガンダではないかと想像。
  



在宅勤務・テレワーク再考

Saturday, August 27th, 2022

2年ほど前、このブログ上で「在宅勤務とかテレワークって問題ない?」とタイトルした話を書いたことがある。2年たって、テレワークといった勤務形態に対する見方が変化しているようだ。

日経電子版(8/26 11:55配信)に、「アップル出社義務付け 社員は激しく抵抗」という記事がでていた。

なんでも、Appleでは、9月から週3日のオフィス出勤が求められたのであるが、社員の(一部?)に、それを受け入れないという動きがあるという。経緯の詳細はよくわからないが、AppleのCEO テイム・クックがオフィス出勤の義務化をめぐり、

共同作業には直接顔を合わせるのが一番で、離れた場所で別々に働いていれば企業の文化や創造性が損なわれる

と主張しているという。

私の(古式騒然とした?)感覚では、上述したクックの主張はもっともなもので、2年半前のテレワークは新型コロナからの「緊急避難的」なもので、常態化すべきものではないように思う。

IT企業のなかでは、このリモートワークに対する見方が割れているよう。今後の動きに注目したい。
  



自宅の修繕・修理を考えなくちゃ

Friday, August 26th, 2022

我が家、平成10年(1998年)に新築したので、今年で築24年になる。当然のことながら、今後も住み続けるためには、家の修繕修理をしなければならない。どの程度の費用がかかるのか、とても気になる。

今日の日経電子版(8/26 5:00配信)に、「自宅の修繕費、築30年で900万円超 計画的な貯蓄不可欠 –人生100年の羅針盤–」という解説記事がでていた。参考になりそうなので、メモしておいた。

この日経記事のリード文は以下:

持ち家があり、住宅ローンの返済も終わったシニア世代は「老後は住居費の負担は軽くなる」と考えがちだ。しかし、意外に重くのしかかるのが家の修繕費用。戸建てでもマンションでも、築年数が古くなると、雨漏り対策など基礎的な工事だけでも費用がかさんでくる。長寿化で必要な工事回数が増える一方、工事単価は上昇傾向だ。「終(つい)の棲家(すみか)」を確保・維持するお金にも目配りが必要になる。

この記事のなかで書かれているように、「戸建ての場合、外壁や屋根の塗装・補修などがおよそ15年程度で発生し、費用は数十万から100万程度かかる」。

我が家も、築後15年に、ハウスメーカの勧めで、外壁・屋根の塗装を行なった。これには、確か220万円程度の費用がかかったと記憶している。年金生活者のわが身にとっては、それなりの負担だった。

記事には、どのタイミングでどのような修繕が必要になるのか、目安になるような図がでていた。この図、今後の修繕費用などを見積もるのに役に立ちそう。以下、転載しておいた(無断にて転載)。

この図を参考にすると、我が家では、築後30年になる今後5年間で、図に示されているような修理・修繕を新たに必要にするようだ。

費用を積算してみると500万円超にもなる。

この費用、今住む我が家を終の棲家とするのに最低限の費用ということか。なかなか大変だな。