Tag Archeve for the ‘キャッシュレス’ Category



キャッシュレス決済サービスの行く末は?

Sunday, September 20th, 2020

「ドコモ口座」の不正利用が公になって以来、キャッシュレス決済サービスのセキュリティの甘さが問題になっている。数日前には、SBI証券の顧客資金が「知らぬ間に」偽口座に流出するという事件も発生。インターネットを介したキャッシュレス決済自体の信頼が揺るぎかねない事態になっているように感じる。

私自身、ここ数年、現金を持ち歩くことはほとんどない。少額の買い物をするときには、VISAなどの大手クレジットカードブランドのデビットカードで支払いを済ませる。比較的高額な支払いをするときには、ネットバンキング経由で振込みをする。

キャッシュレス決済という仕組みは避けて通ることができないわけだから、個人的に防衛策を考えておかねばならない。 (続きを読む)



気になったニュース: ATMはもう時代遅れ?

Friday, November 29th, 2019

日経(11月29日付朝刊)に「コンビニATMに遠心力 セブン銀利用、前年度割れへ」という記事があった。

この記事のリード文は次のとおり(以下転載):

便利さを武器とするコンビニATMの拡大路線が転機を迎えている。最大手、セブン銀行の利用件数は2019年度に初めて前年度水準を下回る見通しだ。収益環境の厳しい地方銀行を中心にコンビニ銀行に払う手数料負担を減らそうとコンビニATMの手数料を上げ、自前のATMに利用者を誘導する動きが広がっているためだ。長引く低金利やキャッシュレス決済の拡大が遠心力となり、身近な金融インフラに変化を迫る。

(続きを読む)



キャッシュレスだと節約しなくなる?

Monday, November 25th, 2019

今朝の日経(11/25日付朝刊)の記事「キャッシュレス、『痛税感』薄めるポイント還元で普及に弾み」に興味深いことが書いてあった。

キャッシュレスでの支払いは現金に比べて消費者の負担感が薄まるというのだ。

この記事の主張するところは、キャッシュレスが普及することが消費税増税に伴う値上げによる消費の萎縮を和らげるということ。このことから、キャッシュレス化が進むことにより「(消費者の)節約志向が弱まり消費の水準が高まり」、景気が良くなるということのようだ。

この新聞記事、消費者の立場というより、売り手側から見たキャッシュレスの効果を述べるのだが、消費者の立場からこれを見ると知らないうちに「無駄使い」をしてしまうことにもつながりかねない。くわばらくわばらっていうところだ。

負担感の軽減というが、負担自体は軽減されないということ、肝に銘じなければだな。



気になったニュース: セブンペイに不正アクセスが発生

Friday, July 5th, 2019

昨朝の「森本毅郎 スタンバイ!」(TBSラジオ)のニュースズームアップで新しくはじまったセブンペイへの不正アクセスについて報じていた。以下、昨朝、今朝のニュースを書き留めたので、以下転載:

まず、昨朝(7月4日)のニュース:

今月1日から始まったセブンイレブン独自のスマホ決済サービス、セブンペイが不正なアクセスを受けていたことがわかりました。セブン・アンド・アイ・ホールディングスは詳細は調査中としていますが、一部の利用者に損害がでた模様です。セブンペイでは、クレジットカードとデビットカードを経由したチャージを一時停止しています。

(続きを読む)



キャッシュレス社会でも、多少の「現金」は持ち歩かねば?!

Monday, March 4th, 2019

1年ちょっと前、「キャッシュレス社会」を書いた。ここで、我が国もキャッシュレス化を進めなくてはって話を書いた。

このキャッシュレス化、中途半端だと、とんでもない目に会うという経験をした。

私のちょっと恥ずかしい話。簡単に、メモしておくことにした。 (続きを読む)