Tag Archeve for the ‘ブログ’ Category



ブログのProfile欄を更新

Friday, November 22nd, 2019

本ブログのProfile(以前はAbout)を更新した。

ブログの内容、著者の経歴などを書きなおした。ほぼ、12年ぶりの更新ということになる。

更新の目的は、このブログの位置づけを、今後、「団塊世代の年金生活者が綴る日々の想い」と明確にすること。この方針のもと、たとえ短文であっても、毎日、更新・発信することにする。

認知症予防のためのエキササイズという感じかな!



Datepicker を試してみた 

Sunday, August 11th, 2013

jQuery UIで提供される機能のひとつにDatePickerがある。このDatepicker、日付の選択・入力をグラフィカルに(カレンダー画面上で)行なうためのウィジェットだ。
このDatePickerを活用して、日付入力画面を実際に試作してみた。 (続きを読む)



さて、今後、我がブログどう運営しようかな?

Friday, March 23rd, 2012

我がブログサイト、立ち上げてからほぼ5年が経過する。立ち上げた当初数ヶ月は、Googleの無料サイトを活用していたが、間もなく、独自のWebサーバーを自宅に設置し、そのうえでブログサイトの運用を始め、いまに至る。
今後、このブログサイトをどのように運営していけばいいのか、少し考えてみた。 (続きを読む)



梅田望夫著「ウェブ進化論」を読んでみて

Thursday, May 8th, 2008

我が家の本棚で見つけた梅棹忠夫の「知的生産の技術」に触発されて、『知』の生産、発想について、関連しそうな本を古い順に読みながら、3つのブログ記事を書いてきた。これまでに取り上げた本、いずれも、インターネットが普及する前に出版されたものだ。計算機、さらにはインターネットの普及が、『知』の生産とか発想とかにどのような意味を持つのか考えてみようと思ったのだ。インターネットが本格的に普及したあと、どのように、この『知』の生産・発想が議論されているかと思い、図書館で関連する本を探してみた。見つけたのが梅田望夫著「ウェブ進化論」だ。ウェブ時代の「若者?」の主張を知る上で興味深かった。著者の、Web時代の可能性に対する熱い思いが伝わってくる。また、同時に、その危うさも。

(続きを読む)



立花隆著「『知』のソフトウェア」を読んで

Monday, May 5th, 2008

前回、前々回、梅棹忠夫の「知的生産の技術」に触発されて、人間の「知の生産」「発想」ということについて、いろいろ考えてみた。関連する図書は、ということで近所の図書館に行ってみると、表題の立花隆の本にでくわした。立花隆といえば、どこかで「知の巨人」なんて紹介されていた。「知」といえば、この人か、ということで、早速、借りて読んでみた。なるほどと思うところも多かった。KJ法のくだりは、前回書いた。ここでは、その他、興味深く感じた部分、参考になったと思った部分について、抜書きしておいた。
(続きを読む)