Tag Archeve for the ‘住民税’ Category



  • [1]
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

「村・県民税(年金)の還付について(お知らせ)」が送られてきた

Tuesday, October 1st, 2019

表記の住民税還付のお知らせなるものが送られてきた。

年金生活者のわが身、少額とはいえ納めた税金が還付されるというのはありがたい。

今回の税還付についてその理由は、「年金特別徴収の仮徴収額が決定徴収額より多かったため」となっている。なんのことはない、わずかばかりの年金から天引きした住民税が多すぎたのでお返しします、というものだ。

送られてきた書類のうち、「過誤納金還付通知書」に、還付の内訳が記載されている。これを見ると、今年の4、6、8月の15日(6月は15日が土曜のため14日)の年金支給日に徴収された住民税が対象になっている。今年度の税額が確定する前にひとまず天引きしておいたものというもの。

税金というものの性格なのかもしれないが、なにがなんでも先取りっていうのはいかがなものか、とちょっとおもったりもした。

それは、それとして、忘れないうちに、「還付金振込依頼書」なるものを送付し、還付手続きを完了しなければって思った次第だ。



国民健康保険料の計算ツールを作ってみた

Wednesday, March 5th, 2014

国民健康保険料算出用ツールを作成してみた。

所得税など国税を計算するには国税局の「確定申告書等作成コーナー」を活用することができる。私も今年でこれを利用するのは8回目となる。実に便利なツールだ。ところが、ここで計算した所得額から地方税とか国民健康保険税を計算しようにも対応するツールが見当たらない。

ということで、国民健康保険料を比較的簡便に計算するためのツールを作ってみた。以下に、Web上で動作する計算ツールを提供するとともに、このツールのソースをアップしておいた。 (続きを読む)



住民税などの手続きをやってきた

Tuesday, July 1st, 2008

会社に勤めていれば、毎年、7月は、前年の所得に対する住民税の徴収が開始される月だ。昨年、会社勤めを始めた2年生の会社員にとっては、自分の給料から住民税が天引きされ、手取り給与が減っていることに驚くことになる。会社勤めを丁度2年前に辞めた私にとっては、逆に、この7月は「払いすぎた」住民税が還付される、うれしい月だ。今朝、これに必要な手続きなどを役所に行ってやってきた。

(続きを読む)



国の制度変更による不利益は誰が負うべきか

Friday, April 18th, 2008

2ヶ月ほど前に、「06,07年度退職者に住民税が還付される」と題する記事を書いた。一昨年の「地方分権の推進と三位一体改革」による国から地方への税源委譲に関わり、07年の所得が大幅に減った退職者に住民税増額分が還付されそうだという話題についてだ。しかし、総務省のパンフレットを詳しく読んでみると、相当、いい加減な措置のようだ。

(続きを読む)



06、07年度退職者に住民税が還付される

Monday, February 25th, 2008

一昨年、06年度、から「地方分権の推進と三位一体改革」の一環として国から地方に税源委譲が行われた。これにより、07年6月からの住民税がアップし、国に治める所得税がダウンした。給与所得者にとっては、この住民税のアップ分は所得税のダウン分で相殺され、徴収される税金はトータルでは変化しないという。しかし、06、07年度に退職した者にとっては、この改革、住民税がアップしただけで、所得税の減額の恩恵を受けることはできない。しかし、どうやら、きちんと申告すれば、住民税の増額分、取り返すことができそうなのだ。

(続きを読む)



  • [1]
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5