Tag Archeve for the ‘再生エネルギ’ Category



気になったニュース: 風力発電は風次第 -スペインのエネルギー危機-

Sunday, October 17th, 2021

今朝の日経(10/17付朝刊)に「風吹かぬスペインの教訓 発電量2割減、ガス危機に拍車 -融通・蓄電 日本にも難題- 」とタイトルされた記事がでていた。

以下、この日経記事のリード文を転載:

「脱炭素先進国」のスペインがエネルギー危機に見舞われている。同国の風力発電の発電量が前年同月に比べ2割減るなど欧州の風が弱まったことが天然ガス価格高騰の発端の一つにもなった。再生可能エネルギーの不安定さの克服に長く取り組んできたスペインの苦悩は、同様の電源構成をめざす日本にとっても教訓となりそうだ。

この記事のなかで、欧州における風の減少とその影響について次のように報じている:

欧州では夏以降、風が減少する事態が広範囲で発生した。異常気象が背景とみられる。スペインでは風力が電源構成の約2割を占めるが、9月の風力発電は前年同月比20%減った

再生エネルギーとりわけ風力発電を主要電源のひとつとするスペインにとって、風力発電量が20%も減るというのは大変な事態だ。

5年ほど前(2016年7月)、私は、スペイン・アンダルシアをドライブ旅行した。このとき、アルメニアからグラナダを走る高地の自動車道(A-92)を通過したのだが、この自動車道に沿って数多くの風力発電用風車が設置されているのに驚いた。風力発電に力を入れているスペインの姿に感心した。

このスペインの風力発電が皮肉にも異常気象による「風不足」のために電力不足に陥っているという。再生エネルギーというのは、主力電力源としてみることに限界があるのか、とがっかりしてしまったところだ。

やはりゼロカーボンには安定電源、「原子力発電」が必要なのか?福島の惨事を経験したものとしては、そうは言いたくないのだが・・・。



30年度電源構成 -エネルギー基本計画原案-

Sunday, September 12th, 2021

一月前の日経電子版(7/29付)に「30年度電源構成に死角 点検・エネ基本計画原案 -再生エネ36~36%、太陽光パネル設置場所に限界」という記事がでていた。

我が国のエネルギー政策の基本的な情報のひとつとしてアップしておいた。

この日経記事のリード文とそこに示されていた電源構成図(19年度実績、30年度現行、新目標)を以下転載しておいた。

     
経済産業省が中長期のエネルギー政策を示す新しいエネルギー基本計画の原案を公表した。2030年度の電気を何で供給するのかの構成案が柱で、再生可能エネルギーを大きく増やすのが特徴だ。21年4月に決めた30年度の温暖化ガス排出量を13年度比46%減らす新目標から逆算したもので、個別の対策を積み上げきれず、緻密さに欠ける。電源ごとに細かく分析すると、実現に向けたハードルの高さが浮かび上がってくる。 
   
     

目標とはいうものの、10年後には、ここに示されている電源構成を実現していなければならないなんて、正直、信じられない。

現行目標ですら、その実現可能性には疑問を感じるのに、新目標で、再生可能エネルギーの比率を拡大するというのは絵に描いた餅と言わざるを得ないのではないか。

見通し暗いな。



日本の原発地図

Monday, March 8th, 2021

日経産業新聞の特集記事「原発技術 2030年の崖」のまとめが日経電子版(2021/3/7付け)に掲載されていた。

このまとめのなかに、右掲した「日本の原発地図」があった。この図、資源エネルギー庁の資料をもとに、今年の1月18日時点での状況を日経産業新聞がまとめたもの。我が国の現時点での原発の状況を把握するのに便利なものと思った。アップしておいた。

記事のリード文は以下(転載):

東日本大震災に伴う東京電力福島第1原子力発電所の事故からまもなく10年を迎えます。国民の原発に対する信頼が崩れた結果、原発の再稼働は進まず、原発新増設やリプレース(建て替え)の議論も滞っています。政府が2050年までに温暖化ガス排出実質ゼロを実現するとした目標では、原発をこれからどう位置づけ直すかが焦点のひとつです。

(続きを読む)



気になったニュース: テスラ蓄電池価格、「普及期」視野に

Thursday, February 20th, 2020

数日前の日経朝刊(2月18日付)に、「テスラ蓄電池、『普及期」視野に 日本で家庭向け投入へ 供給網に変革迫る」という解説記事がでていた。この記事、ひょっとしたら変化を示唆する大きなニュースではと感じ、記事の概要をメモしておくことにした。

この日経記事のリード文を以下に転載:

再生可能エネルギーの普及に欠かせない家庭向け蓄電池の価格が重要な節目に差し掛かっている。米テスラが日本に投入する製品は蓄電容量1キロワット時あたりの価格でみると、国内の既存製品より格段に安い。太陽光パネルの設置費用などを考慮しても、電力会社から電気を買うより合理的となる水準に迫る。

(続きを読む)



気になったニュース: 「2019年、過去2番目の暑さ」

Thursday, January 16th, 2020

日経電子版(1/16 3:31)に「2019年、過去2番目の暑さ 世界の平均気温でWMO」という記事がでていた。

記事のリード文を以下転載:

世界気象機関(WMO)は15日、2019年の世界の平均気温が観測史上2番目に高かったと発表した。15~19年の5年間、10~19年の10年間の平均気温はいずれも過去最高。10年間平均は1980年代以降、過去最高を更新し続けており、地球温暖化の進展を裏付けている。

最近の異常気象を裏付けるデータ、やはりという感想だ。
(続きを読む)