Tag Archeve for the ‘原発事故’ Category



  • [1]
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

気になったニュース: 韓国原発政策全面的に再検討 新設白紙に!

Monday, June 19th, 2017

日経電子版(2017/6/19 12:48)に、「韓国原発の新設白紙に 文大統領『安全安価でない』」とのタイトルで、韓国新政権が原発政策を全面的に再検討する、との方針を示したと報じられていた。福島第一事故を引き起こした我が国では、設計寿命の延長とか、再稼働との動きがあるが、隣の国、韓国は福島原発事故をより深刻に捉え、脱原発の方向を目指すようだ。

このニュースのリード文は以下、

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は19日、釜山市郊外の古里(コリ)原子力発電所1号機の運転停止の記念式典で演説し、「原発政策を全面的に再検討する」と宣言した。新規原発の建設計画を白紙化するほか、設計寿命を超えた原発は稼働を延長しない。延長して運転中の原発は早期に閉鎖する。

(続きを読む)



藤沢数希著「『反原発』の不都合な真実」を読んでみた

Thursday, September 19th, 2013

福島第一事故の後、当然のことながら、反原発の主張が主流になった。原子力に関わる本、著作の大部分は反原発の立場をとっている。
私自身、原子力関連の研究所でお世話になった身でありながら、反原発の立場をとるものであり、このブログのなかでも、その立場からささやかながら記事を書いてきた。
こうした反原子力の流れのなかでも、本書「『反原発』の不都合な真実」は原子力推進の立場をとる。「勇気」ある著作といえるのかもしれない。
著者・藤沢数希の名前は、彼の人気ブログ「金融日記」で以前から知っており、原子力開発推進論者であることも承知している。公立の図書館で、この本をみかけ、彼の原子力に関わる主張の全体を見るのも悪くないと思い、この本を手にとってみた次第だ。
以下、本書をななめ読みした感想をメモしておいた。 (続きを読む)



「福島原発で何が起こったか ―政府事故調技術解説―」を読んでみた

Wednesday, May 8th, 2013

福島第一原発の事故から2年が経過し、これまでに、複数の事故調査報告書が公表されている。こうした調査報告書を全て読むのは、いずれの報告書も長文で、なかなか骨が折れる作業だ。7年前に退職するまで、約30年間にわたって原子力に関係する職場でお世話になったものとして、この事故の実相を理解しておかねばと思い、これら事故調査報告書を少しずつではあるが読み進めているところだ。

そういうなかで、目にしたのが、本書「福島原発で何が起こったか―政府事故調技術解説―」だ。

本書は、私にとって、事故の推移を理解するうえで非常にわかりやすいものであると同時に、事故調報告書を読み進めるうえで助けになるものと感じた。

おすすめの書だ。 (続きを読む)



「証言 班目春樹 原子力安全委員会は何を間違えたか?」を読んでみた

Wednesday, May 1st, 2013

福島原発の事故から2年が経過し、当時、事故への対応に責任を持つ立場にあった当事者の「回想録」といったものが公にされてきている。菅直人による回想録「東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと」を2週間ほど前に読み、本ブログに感想を記しておいた。

もうひとりのキーパーソンに班目春樹・原子力安全委員長(当時)がいる。彼も、菅直人と同様に「回想録」にちかいもの「証言 斑目春樹 原子力安全委員会は何を間違えたか?」を「出版」した。

近所の図書館でこれを見かけた。早速、読んでみた。印象に残った部分を中心に私の感想を交えながらメモしておいた。 (続きを読む)



  • [1]
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5