Tag Archeve for the ‘KVM’ Category



  • [1]
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

SL6: KVMによる仮想マシン:ブリッジによるネットワーク構成

Wednesday, May 18th, 2011

以前、「KVMで仮想マシンを作成してみた」を書いた。そこでは、仮想マシンをホストマシンに接続させるための2種類のネットワーク「仮想ネットワーク」と「物理デバイス共有」(ブリッジネットワーキング)のうち、比較的設定が容易な「仮想ネットワーク」を用いた。

今回は、もうひとつの方法、「物理デバイス共有」によりネットワークを構成した。この方法を採用することにより、複数の仮想マシン(ゲストOS)を起動し、外部ノードからそれら仮想マシンにアクセスが可能になる。 (続きを読む)



Scientific Linux 6 のインストール

Monday, May 2nd, 2011

Scientific Linux 6 (SL6)をインストールし、KVMによる仮想化などを試してみた。
RHEL(Red Hat Enterprise Linux)-6の正式版が昨年11月にリリースされ、ほぼ半年が経つが、未だ従来からサーバー用OSとして使用してきたCentOSの対応版がでてこない。そうこうするうちに、RHELのクローンであるScientfic Linuxが3月にリリースされた。CentOSからSLへの乗り換えを視野に、SL6を試してみた。
SL6のインストール、OS導入直後におこなったnVIDEAドライバのインストール、KVMによるWindows-XPのVMの作成などについてメモしておいた。 (続きを読む)



KVMで仮想マシンを作成してみた

Friday, September 24th, 2010

最近、仮想化技術、特にKVM(Kernel based Virtual Machine)の話題をよく目にするようになった。これを使えば、1台のPCで、複数の異なるOSを試してみることができそうだ。ということで、10日前にインストールしたCentOS5.5(64bit)(インストールのいきさつはここ)をホストマシンとして、このうえにWindows XP、CentOS5.5(32bit)の仮想マシンを、試しに、作成してみることにした。

結果、私の想像以上にうまく動作することがわかった。結構、いろいろなことに使えそうだ。

このエントリーでは、私の今回の経験に基づき、仮想マシン作成について、KVMの導入、仮想マシン作成の手順、そして作成作業を通じて気づいた仮想マシン作成にかかわる課題などについてメモしておいた。 (続きを読む)



  • [1]
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5