梅田望夫著「ウェブ進化論」を読んでみて

May 8, 2008 – 5:55 pm

我が家の本棚で見つけた梅棹忠夫の「知的生産の技術」に触発されて、『知』の生産、発想について、関連しそうな本を古い順に読みながら、3つのブログ記事を書いてきた。これまでに取り上げた本、いずれも、インターネットが普及する前に出版されたものだ。計算機、さらにはインターネットの普及が、『知』の生産とか発想とかにどのような意味を持つのか考えてみようと思ったのだ。インターネットが本格的に普及したあと、どのように、この『知』の生産・発想が議論されているかと思い、図書館で関連する本を探してみた。見つけたのが梅田望夫著「ウェブ進化論」だ。ウェブ時代の「若者?」の主張を知る上で興味深かった。著者の、Web時代の可能性に対する熱い思いが伝わってくる。また、同時に、その危うさも。

(続きを読む)



立花隆著「『知』のソフトウェア」を読んで

May 5, 2008 – 12:29 pm

前回、前々回、梅棹忠夫の「知的生産の技術」に触発されて、人間の「知の生産」「発想」ということについて、いろいろ考えてみた。関連する図書は、ということで近所の図書館に行ってみると、表題の立花隆の本にでくわした。立花隆といえば、どこかで「知の巨人」なんて紹介されていた。「知」といえば、この人か、ということで、早速、借りて読んでみた。なるほどと思うところも多かった。KJ法のくだりは、前回書いた。ここでは、その他、興味深く感じた部分、参考になったと思った部分について、抜書きしておいた。
(続きを読む)



KJ法は発想支援ツールとして有効?

May 4, 2008 – 10:37 am

前回エントリーの梅棹忠夫「知的生産の技術」の出版に先立って、1967年には、川喜田二郎著の『発想法-創造性開発のために-』が発行されている。どちらもフィールド研究の経験に基づき、発見、発想、言い換えると新しい『知』を生み出すための手法を提案・紹介しているものだ。『発想法』も、私の書棚に眠っていた。『知的生産の技術』にあわせて読み直してみた。

(続きを読む)



ブログツールは現代の『知的生産の技術』だ

May 2, 2008 – 2:27 pm

ブログサイトを開設し、試みに記事を書いていて理解したことのひとつに、ブログツールが情報発信手段という側面だけでなく、自らの考えをまとめるうえで、非常に有効なツールであるということだ。最近、本棚の新書版のなかに、梅棹忠夫著の『知的生産の技術』を見つけた。この本、1969年7月21日、第一刷発行となっている。私の学生時代、ほぼ40年前に、購入したものだ。この本に提案・紹介されている「知的生産」のための方法が、現代、ブログツールとして実現されているのではとの印象を強く持った。

(続きを読む)



ClamAv(v. 0.93)へのバージョンアップに関わる追加措置

May 1, 2008 – 12:53 pm

前々回のエントリーでClamAvのバージョンアップについての記事を書いた。ここで、ClamAvの仕様がかなり変更されており、これに伴って実施したコンフィギュレーションファイルの書き換え作業について記録した。書き換え作業終了した後、logwatchをみると、ClamAvのログにあらわれていたWarning Errorはなくなったものの、Amavisにエラーが発生した。その原因を調べたところ、Amavis-newとClamAvとの間の通信に問題が発生していることがわかり、対応措置をとった。

(続きを読む)