Search Results (37 pages matched)



気になったニュース: 風力発電は風次第 -スペインのエネルギー危機-

Sunday, October 17th, 2021

今朝の日経(10/17付朝刊)に「風吹かぬスペインの教訓 発電量2割減、ガス危機に拍車 -融通・蓄電 日本にも難題- 」とタイトルされた記事がでていた。

以下、この日経記事のリード文を転載:

「脱炭素先進国」のスペインがエネルギー危機に見舞われている。同国の風力発電の発電量が前年同月に比べ2割減るなど欧州の風が弱まったことが天然ガス価格高騰の発端の一つにもなった。再生可能エネルギーの不安定さの克服に長く取り組んできたスペインの苦悩は、同様の電源構成をめざす日本にとっても教訓となりそうだ。

この記事のなかで、欧州における風の減少とその影響について次のように報じている:

欧州では夏以降、風が減少する事態が広範囲で発生した。異常気象が背景とみられる。スペインでは風力が電源構成の約2割を占めるが、9月の風力発電は前年同月比20%減った

再生エネルギーとりわけ風力発電を主要電源のひとつとするスペインにとって、風力発電量が20%も減るというのは大変な事態だ。

5年ほど前(2016年7月)、私は、スペイン・アンダルシアをドライブ旅行した。このとき、アルメニアからグラナダを走る高地の自動車道(A-92)を通過したのだが、この自動車道に沿って数多くの風力発電用風車が設置されているのに驚いた。風力発電に力を入れているスペインの姿に感心した。

このスペインの風力発電が皮肉にも異常気象による「風不足」のために電力不足に陥っているという。再生エネルギーというのは、主力電力源としてみることに限界があるのか、とがっかりしてしまったところだ。

やはりゼロカーボンには安定電源、「原子力発電」が必要なのか?福島の惨事を経験したものとしては、そうは言いたくないのだが・・・。



スペイン旅行(帰国後感想編 8) コルドバ – セビリア – マラガ

Saturday, August 6th, 2016

アンダルシアを巡るドライブ旅行。コルドバ以降について記す。

コルドバを発ったのち、セビリア(Sevilla)とマラガ(Malaga)にそれぞれ宿泊。最終日の朝にマラガ空港のHertzに車を返却。総距離約1,000Kmのアンダルシアを巡ったドライブを無事終えた。

コルドバからセビリアに移動する途中、ひまわり畑と白い村で有名なカルモナ(Carmona)に立ち寄った。セビリアからマラガへのドライブでは、断崖の上にある街ロンド(Ronnda)、そして白い村ミルハ(Milja)に立ち寄った。 (続きを読む)



スペイン旅行(帰国後感想編 7) グラナダからコルドバへ

Monday, August 1st, 2016

グラナダ(Granada)からコルドバ(Cordoba)に向け約200Kmのドライブを楽しんだ。ドライブでは、グラナダ、コルドバ周辺の市街地を除き、一般道(N-432, GR-3410経由)を利用。高速道路では味わえないドライブを楽しむことができた。

最終目的地コルドバに向かう途中、アンダルシア地方に典型的な「白い」村のひとつモンテフリオ(Montefrio)に立ち寄った。観光地では味わうことがないような地元の人々との触れ合いを感じ取ることができた。

目的地コルドバでは、有名なメスキータのすぐ近くに位置する「五つ星」のホテルに宿泊。想像してなかったような贅沢な気分を味合わせてもらった。 (続きを読む)



スペイン旅行(帰国後感想編 6) グラナダ・アルハンブラ宮殿

Friday, July 29th, 2016

今回の旅行の目玉のひとつアルハンブラ宮殿にでかけた。宮殿の見学、そして周辺の散策をほぼ1日かけてゆっくりした。予想にたがわず、素晴らしいものだった。

宮殿の素晴らしさは誰もが知るところ。その詳細はガイドブックに任せることにして、アルハンブラ宮殿で撮影した写真の一部、そしてちょっとした体験談を私の思い出として記しておいた。 (続きを読む)



スペイン旅行(帰国後感想編 5) マラガからグラナダ

Wednesday, July 27th, 2016

マラガ(Malaga)空港からグラナダ(Granada)まで約400Kmのドライブを楽しんだ。

かなり遠回りの経路になったが、まず自動車道(A-7)で、マラガ空港から海岸線に沿ってアルメリア(Almeria)付近まで行き、そこから自動車道(A-92)を北上しシエラ・ネバダ(Siera Nevada)を北側に迂回するかたちでグラナダに入った。

途中、リゾート地として有名なネルハ(Nerja)に立ち寄り、そこから世界で最も美しい村とガイドブックに紹介されていた村フリヒリアナ(Frigiliana)に行き、そこで昼食をとった。その後、ドライブを続け、夕刻の7時過ぎには、グラナダのホテルに無事到着した。

アンダルシアの初日、思った以上に楽しむことができたように思う。 (続きを読む)