Archive for the ‘気になったニュース’ Category



気になったニュース: 風力発電は風次第 -スペインのエネルギー危機-

Sunday, October 17th, 2021

今朝の日経(10/17付朝刊)に「風吹かぬスペインの教訓 発電量2割減、ガス危機に拍車 -融通・蓄電 日本にも難題- 」とタイトルされた記事がでていた。

以下、この日経記事のリード文を転載:

「脱炭素先進国」のスペインがエネルギー危機に見舞われている。同国の風力発電の発電量が前年同月に比べ2割減るなど欧州の風が弱まったことが天然ガス価格高騰の発端の一つにもなった。再生可能エネルギーの不安定さの克服に長く取り組んできたスペインの苦悩は、同様の電源構成をめざす日本にとっても教訓となりそうだ。

この記事のなかで、欧州における風の減少とその影響について次のように報じている:

欧州では夏以降、風が減少する事態が広範囲で発生した。異常気象が背景とみられる。スペインでは風力が電源構成の約2割を占めるが、9月の風力発電は前年同月比20%減った

再生エネルギーとりわけ風力発電を主要電源のひとつとするスペインにとって、風力発電量が20%も減るというのは大変な事態だ。

5年ほど前(2016年7月)、私は、スペイン・アンダルシアをドライブ旅行した。このとき、アルメニアからグラナダを走る高地の自動車道(A-92)を通過したのだが、この自動車道に沿って数多くの風力発電用風車が設置されているのに驚いた。風力発電に力を入れているスペインの姿に感心した。

このスペインの風力発電が皮肉にも異常気象による「風不足」のために電力不足に陥っているという。再生エネルギーというのは、主力電力源としてみることに限界があるのか、とがっかりしてしまったところだ。

やはりゼロカーボンには安定電源、「原子力発電」が必要なのか?福島の惨事を経験したものとしては、そうは言いたくないのだが・・・。



気になったニュース: NTTドコモの大規模通信障害

Saturday, October 16th, 2021

一昨日(14日)起きたNTTドコモの大規模通信障害、デジタル社会の弱点を露呈した。

日経電子版(16日5:30更新)「ドコモ200万人使えず 通信障害、異例の長期化」では、次のように報じている(以下、リード文を転載):

14日起きたNTTドコモの大規模通信障害は、全面回復するのに15日深夜にまで及ぶ異例の事態となった。影響は少なくとも全国約200万ユーザーに及び、現金を持たない人が電子決済を使えないなど不便を強いられた。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」機器の普及でデータ量が増大するなか、通信トラブルの影響が深刻化しやすいことが浮き彫りになった。

この日経記事のなかで特に気になったのは、「現金を持たない人が電子決済を使えないなど不便を強いられた」というところ。全ての決済がスマホ経由の電子決済になるとこうした事態が発生するのは当然だ。

こういう事態を回避するには、日常的に、複数の異なる決済手段を持つことなどが重要だ。

私の場合、スマホケースにdebitカード(ATMで現金引き出し可能なもの)を合わせ持つことにしている。

デジタル化が進み複雑化するなか、デジタルシステムに過度に依存せず、自らが障害に対応できる手段を持つことが重要になると思った次第。
 



新型コロナウィルス感染状況に「多少」明るいニュースが・・

Monday, September 13th, 2021

今朝のTBSラジオ森本毅郎スタンバイで、新型コロナウィルスの状況について3つのニュースが報道されていた。いずれも「それなり」に明るいニュースなのではと思った。

これらのニュースを以下に転載しておいた(書き取り):

新型コロナウィルスについて東京都は新たに1067人の感染を発表しました。参考検査数は9,638件でした。21日連続で前の週の同じ曜日を下回りましたが、年代別でみると20代が最多の254人で10代から30代で感染者のおよそ半数を占めています。一方、全国の感染者は7207人。重症者の数は2010人となり17日連続で2000人を超えています。

西村経済再生担当大臣は新型コロナワクチンを2回接種した人の割合が5割を超えたことを明らかにしました。西村大臣は、このペースが順調に進めば、今月末には6割を超えてくると指摘し、イギリスやフランス並みの水準になると説明しました。

厚生労働省は、昨日までにイギリスの製薬大手グラスコスミスクラインの新型コロナ治療薬ソトロミマブについて早ければ今月中に承認する見通しを示しました。承認審査中のソトロミマブは、軽症と中等症の患者のうち、重症化リスクが高い人に点滴で投与します。海外の臨床試験では入院や死亡を79%減らす効果がでています。

(続きを読む)



30年度電源構成 -エネルギー基本計画原案-

Sunday, September 12th, 2021

一月前の日経電子版(7/29付)に「30年度電源構成に死角 点検・エネ基本計画原案 -再生エネ36~36%、太陽光パネル設置場所に限界」という記事がでていた。

我が国のエネルギー政策の基本的な情報のひとつとしてアップしておいた。

この日経記事のリード文とそこに示されていた電源構成図(19年度実績、30年度現行、新目標)を以下転載しておいた。

     
経済産業省が中長期のエネルギー政策を示す新しいエネルギー基本計画の原案を公表した。2030年度の電気を何で供給するのかの構成案が柱で、再生可能エネルギーを大きく増やすのが特徴だ。21年4月に決めた30年度の温暖化ガス排出量を13年度比46%減らす新目標から逆算したもので、個別の対策を積み上げきれず、緻密さに欠ける。電源ごとに細かく分析すると、実現に向けたハードルの高さが浮かび上がってくる。 
   
     

目標とはいうものの、10年後には、ここに示されている電源構成を実現していなければならないなんて、正直、信じられない。

現行目標ですら、その実現可能性には疑問を感じるのに、新目標で、再生可能エネルギーの比率を拡大するというのは絵に描いた餅と言わざるを得ないのではないか。

見通し暗いな。



気になったニュース: この10年で軽自動車の価格が1.5倍!

Monday, September 6th, 2021

今日の日経朝刊(9/6付)に「『軽』価格上昇、10年で5割 -安全装備充実でコスト増 2強シェア競争も一服」とタイトルされた記事がでていた。

この記事のリード文を以下転載:

軽自動車の価格上昇が止まらない。政府統計によると過去10年で平均価格は5割近く上がった。軽にも高機能の安全装備が付加されるようになったうえ、激しい販売競争を繰り広げた2強のダイハツ工業とスズキが採算重視に転じたことも背景にある。この間の所得の伸びを大きく上回り、「庶民の足」が家計に与える負担は増している。

我が家、年始めに軽自動車を買った(「中古の軽自動車購入の顛末」)。20年以上乗った軽自動車が故障したので、やむなく購入したのであったが、想像した以上に高額と思った。中古なのに、諸費用込みだと、140万円かかるというのに驚いた経験がある。

この日経記事を見て、やっと、軽自動車の価格が想像以上だった理由が分かった。

左掲した図(日経記事から転載)に見られるように、この10年で、平均賃金の伸びは3.7%にとどまっているというのに、軽自動車の価格は50%増になっており、中古車といえども当然の価格であったことを理解した。

価格の上昇の理由は、安全装置をはじめとする装備が充実したことによるという。我が家が軽中古車を購入した際にも安全装置の充実を第一に考えて機種を選定している。価格が高くなっているのは当然といえば当然だ。

それにしても、軽自動車の価格が高くなったのには驚く。8年前に購入したMAZDA VERISAは、新車だったのにもかかわらず諸費用込みで140万円程度(「我が家にMAZDA VERISAがやってきた!」)だった。今や、140万円程度では、軽自動車ですら新車では買う事ができなくなった。大変だ。