Archive for November, 2018



  • [1]
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

処方された薬に副作用?!

Sunday, November 11th, 2018

半年前から目の病気の治療をしている(「目の病気の検査・治療を開始」)。

1週間前、検査結果を受けて、これまでの薬に加えて新たな薬が処方された。

これを指示どおり服用したところ、どうも体の調子が悪い。これまで120mmHg 前後で安定していた血圧が140mmHg を超えるような事態になった。加えて、経度ではあるが、ムカつき感というのもある。

処方された薬の副作用を調べると、「高血圧」というのがあった。それに、高齢者に対しては、薬の量について注意するようにとの記載もある。

病院で処方された薬を指示どおり服用するのは患者として「義務」なのかもしれないが、処方に際して、医師から副作用の有無について何も説明を受けてない。このままこの薬を服用し続けるのは危険と考え、とりあえず中止することにし、担当医師には、その旨伝えることにした。 (続きを読む)



多田 将著 「放射線について考えよう。」を読んでみた

Friday, November 9th, 2018

近所の公営図書館で本書を見かけ、読んでみた。

本書を読むことにした動機は、以下だ。

まず、本書の初版(第一刷発行)が2018年8月21日と、出版されて間もない。

福島第一事故から7年半が経過したいま、語りつくされたとも思われる「放射線」について議論するのは、どのような意図からか、多少、興味を持った。 (続きを読む)



インフルエンザそして肺炎球菌ワクチンの予防接種を受けてきた

Thursday, November 1st, 2018

近所の個人開業医で2種類のワクチンの予防接種を「同時に」受けてきた。

ひとつは、65歳以上の「高齢者」に5年ごとの接種が勧められている「高齢者肺炎球菌ワクチン(ニューもパックスNP)」の接種、もうひとつはインフルエンザワクチンの予防接種だ。

肺炎球菌ワクチンの接種は有料(4,000円)ではあるが国から補助がでている「定期(法廷)予防接種」の枠組みのもの。このワクチン接種に補助がでるようになったのは私が66歳になった年からで、今回はじめて接種してもらった。次回は5年後、75歳になったときに接種されることになっている。

インフルエンザワクチンの接種については、私の住む町では、65歳以上の高齢者に対して、予防接種費用が助成され、「無料」で受けることができる。有難いことだ。 (続きを読む)



  • [1]
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5