Archive for the ‘Serverの構築と運用覚書き’ Category



Letsencrypt: certbot_plugin_gandi を用いてSSL証明書を更新

Monday, June 24th, 2019

ほぼ2ヶ月半前に取得したLetsecnryptのSSL証明書(「Letsencryptワイルドカード証明祖の取得と反映」)を更新したので、更新手続きをメモしておいた。

ワイルドカードにする前は、コマンド(“certbot renew”)で簡単に更新することができたが、ワイルドカードの証明書では一筋縄にはいかなかった。更新時に、ドメインを登録しているDNSの書き換えを必要にするため、それなりの手続きを必要とした。

いろいろ調べたみると、我がサイトを登録しているgandiのDNSn向けの certbot_plugin_gandiがあり、これを活用できれば、ワイルドカードでも自動的に更新可能になることがわかった。

この記事では、certbot_plugin_gandi を導入した際の手続き、ログをメモしておいた。gandiのドメインサービスを受けているひとには役立つ情報かもしれない。 (続きを読む)



openBDから書誌データリンクバナーを作成

Friday, June 7th, 2019

このブログで活用していたAmazon APIが、数カ月くらい前から、利用できなくなり、本ブログ上の書誌データリンクバナーの表示ができなくなっていた。これに代わるものとして、無料の書誌情報データベースopenBDを利用できることを知り、これにより書誌データリンクバナーを作成することにした。

この記事では、openBDデータベースから作成したリンクバナーの一例を示しておいた。 (続きを読む)



ntpをインストールしLINUXサーバの時刻を修正

Thursday, May 30th, 2019

最近、crontabの時刻が実時間とズレを持つようになっているのに気づいた。

この原因、我がLinuxサーバの時刻のズレにあった。サーバー更新時に時刻同期用のntpをインストールしてなかったため、こういう事態が生じたようだ。Linuxの時計が狂うのは電池のヘタリの兆候なんてことも考えてみた。

ということで、ntpをインストールし、デーモンを動作させることにした。

以下、作業ログを記録しておいた。 (続きを読む)



Letsencrypt ワイルドカード証明書の取得と反映

Sunday, April 14th, 2019

我がサイト、一昨年の11月からLetsencrypt認証局発行のSSL証明書を導入し、SSL対応にしている(「我がブログをSSL対応にした」)。この時点では、サブドメイン毎に証明書を取得する必要があったが、昨年3月からドメインの認証を一枚の証明書で行えるワイルドカード証明書の取得が可能になった(「ワイルドカード証明書とACME v2へ対応」)。

一年遅れになったが、我がサイトも、このワイルドカード証明書を取得し、これによるSSL化の手続きを完了したので、作業記録をメモしておいた。
(続きを読む)



Jupyter Notebook をLANの外から使うためのApacheの設定

Friday, April 5th, 2019

ひと月前にAnacondaパッケージをServer上にインストール(「CentOS7.6上にAnacondaでTensorFlow をインストール」)し、Pythonデータ解析環境を整備。そこで、Jupyter Notebookの使用を試してみた。

このJupyter、ローカルなLAN環境下では問題なく動作したが、LANの外部からアクセスするには、ApacheのProxy設定を整える必要があった。Google上でこれを可能とする情報を調べてみたところ、外部からプロキシー経由でアクセスする方法についての記述を見つけることができ、動作環境を整えることができた。

以下、Apacheのconfiguration file(/etc/httpd/conf.d/vhost.conf)の関連部についてメモしておいた。 (続きを読む)