Archive for October, 2019



CentOS8上での作業記録(その2) -JupyterLabの導入と設定-

Saturday, October 12th, 2019

前回作成したanaconda 仮想環境py37_env上にJupyterLabをインストールし、必要な設定作業を行った。

インストール・設定作業ログをアップしておいた。
(続きを読む)



CentOS8上での作業記録(その1)

Tuesday, October 8th, 2019

先月の末、テスト用のPCサーバ上にCentOS8を「minimal install」。

この上に、サーバとして必要な機能を逐次取り込む作業をして行こうとしているところ。必要な機能のみを取り込み、無駄なものは避けるというのは、多分、サーバ構築において大切なことなのでは、と思う。

加えて、作業記録をしっかりとれば、システムの理解を深めることもできる。まっさらのところに前後左右を見極めながらシステム構築作業をすることになり、スキルアップに最適なのではと思っている。

逐次、作業記録をアップしてゆくところで、今回はその第1回目。 (続きを読む)



令和2年分 扶養親族等申告書が送られてきた

Sunday, October 6th, 2019

日本年金機構から「扶養親族等申告書」が送られてきた。

この申告書、年金に対する税控除を受けるために必要なもの。早速、必要事項を記入し投函してきた。

毎年恒例、といったら変だが、10月のはじめになると、年金機構から必ず送られてくる。封書には「重要書類在中」「年金の支払額に影響のある書類です。必ずご覧ください」と印字されている。

この申告書の関連事項と感想をメモしておいた。また、今回送付されてきたパンフレットをPDF化して添付しておいた。 (続きを読む)



Pythonというプログラム言語

Saturday, October 5th, 2019

以前も書いたが、この数カ月間、汎用プログラム言語Pythonについて学んでいる。

このプログラム言語、想像した以上に凄い。初心者用の簡易プログラム言語ぐらいのものだと馬鹿にしていたが、かなりのものなのではと思うようになった。いまはやりの機械学習とかAIの開発のなかで中心的なプログラム言語として選ばれている理由が少しわかってきたようにも思う。

Pythonというプログラム言語について、現時点での、個人的な印象を書いておくことにした。かなり断片的で、ひとりよがりな印象になってしまうかもしれないが、それはそれで、自分の頭のなかを整理しておくだけでもいいのではと考えた。 (続きを読む)



ガン治療の経過観察はいつまで?

Friday, October 4th, 2019

ガンで入院治療を受け退院してから約14年が経過した。

今週のはじめ、経過観察のための診察を受けたところだ。この経過観察、半年に一度のペース。以前は、年4回のペースだったが、数年前から、半年に一度のペースになっている。

経過観察での診察の中身は、血液検査と主治医の先生による触診、ここで私の日常的な健康状態を報告させていただいている。この診察に加えて、入院時に胸に埋め込んだ点滴用リザーバーの「掃除」を看護士さんにしてもらっている。

経過観察の診察は、いつまで続ける必要があるのか、そろそろ終わりにしてもいいのではと思っているところだ。 (続きを読む)