Archive for August, 2022



欧州: 気候変動対策よりエネルギー対策優先 石炭火力も復活

Friday, August 12th, 2022

「西欧から米国、中国にわたる北半球の広い地域が猛烈な熱波に襲われ、異常気象に対する警告は一般論ではなく、まさに現実の話」(Financial Times 7/26付社説)とCO2対策など異常気象への対処が強調されている。このところ毎日のようにヨーロッパ諸国の山火事、干ばつのニュースがヘッドラインを飾っており、異常気象に対する対処が急がれるといったところだ。

ところが、だ。

今日の日経朝刊には一味異なる話がでていた。「欧州、電力消費に規制・対策 スペイン冷房27度以上に、フランスは石炭発電復活」というニュースだ。このニュースのリード文を以下に転載:

欧州各国がロシアによる天然ガス供給減少への対応を急いでいる。節電のためエアコンの温度制限を設け、屋外照明なども規制する。フランスが石炭火力発電所の再稼働を決めるなど、気候変動対策よりも電力確保を優先する動きも顕著だ。インフレにあえぐ有権者がさらに不便を強いられ、各国政権への不満が高まる恐れもある。

歴史的な熱波騒ぎのなか、気候変動対策というより石炭火力、原子力発電を復活させたり、節電の動きを強化するなど、目先のエネルギー対策に重点を移すような動きがあるようだ。

なんだかんだいうけど、ロシアが天然ガスのヨーロッパ向けラインが閉じるなか、気候変動対策など先送りするのは当然、背に腹は「代えられない」というところか。

あれだけ評判の悪かった石炭火力発電についてみると、フランスでは3月に停止した東部サンタボルドの石炭火力発電所を今年の冬に再稼働、ドイツ、オーストリア、オランダも石炭火力発電の再活用を決めたという。

石炭火力の復活ということになると、当然のことながら原子力発電の復活という動きも大きくなるだろう。

さて、わが国はどうしたらいいのか、多分、石炭火力の強化、原子力発電の復活などを考えたほがよさそうだ。
  



旧統一教会問題をちょっとだけ考えてみた!

Thursday, August 11th, 2022

自民党の国会議員の多くが旧統一教会との接点を持っているということが明らかになり、問題視されている。

昨日(8/10)の内閣改造で大臣に任命されたもののうち7人が統一教会となんらかの関係・接点を持っていたようだ。私のような政治的素人からみても、旧統一教会と自民党とは抜き差しならないずぶずぶの関係にあるようだ。

このように、宗教団体と政治との関係のなかでも旧統一教会と自民党との関係は深いと思うのだが、これ以上に考えなきゃいけないのは、神社本庁、日本会議、遺族会といったところと自民党の関係だ。これらは、自民党のコア支持層であり、旧統一教会なんてのはその一部、その枠内、とみるのが自然な感じがする。

こうした宗教団体(旧統一会議を含む)は自民党の集票マシンとしての役割を果たすことで自民党保守層を支えるのだが、夫婦別姓反対といった我が国の旧来の家族制度を維持するのをよりどころにしている。

また話題になる靖国神社参拝なんてのも、そのひとつのあらわれと見るのが自然だろう。

旧統一教会の影響を排除するというなら、一挙に日本会議、神社本庁、遺族会など本丸からのイデオロギー的な影響を排除すべきと思うがいかがだろう。
   



作業用PCに高精細(WQHD)モニターを購入

Tuesday, August 9th, 2022

どうでもいい話だが、私の作業用PCに高精細(WQHD)モニターをアマゾン経由で購入した。

1時間前に宅急便の配送を受け、今、いろいろチェックしているところだ。最初の印象、なかなかいい。

当初、4Kのディスプレィを検討したのだが、作業用のPCに搭載しているグラフィックボードがNVIDIAのGT710と非力なので、WQHD(2560×1440)のディスプレィにした次第。

問題なく動作しているみたいなので、今回購入したディスプレイとPC周りの仕様を以下に記録しておいた。

ディスプレイ:
   IO-DATA社製  EX-LDQ271DB
      解像度:2560 × 1440
      リフレッシュレート:60Hz
       使用端子: HDMI
PC:
   OS: Windows11 Pro
バージョン 21H2
      OS ビルド 22000.795
ハード:
      CPU: Intel(R) Corei7 870 @ 293GHz 293 GHz
      実装RAM:16.0 GB

      Grapic : 玄人志向 GF-GT710-E2GB/HS(ファンレス)

作業用PCとして使う限りは十分な性能になっていることを確認
  

   



ペロシ訪台は無意味な挑発行為だ!!

Sunday, August 7th, 2022

8/4の米下院ペロシ議長の訪台を口実に中国は台湾周辺での大規模な軍事演習を行っている。演習は今日まで続けられるようだ。

どうも、ペロシ訪台は中国に利する幼稚な挑発といっていいもののような印象を受ける。自国の力を過信するおば(あ)さんの挑発行為には困惑してしまう。

軍事演習の内容はペロシ訪台に抗議するといったものではなく、ペロシの訪台を口実にこれまで練りこんできた演習を実行に移したということのようだ。

今回の中国演習について 日経電子版(8/7付け)では「中国の軍事演習、台湾封鎖へ布石 中間線無効化狙う」と報じている。

この記事のリード文は以下:

中国の人民解放軍が4日から始めた台湾周辺での大規模演習が7日、終了する。ペロシ米下院議長の台湾訪問に反発して始めたが、演習内容は練り込まれており、以前から周到に準備していた可能性が高い。「台湾封鎖」シナリオが現実味を増した。

「外交努力で平和を守る」という話は聞くが、挑発行為で相手を利するようなことはあってはならない。

ペロシの挑発行為で、「台湾有事」の際に米国が役に立たないことが明らかになったような気がするがいかがだろう。



新型コロナに感染したら解熱剤でしのぐ?? -たよりの解熱剤が品薄だって!!-

Sunday, August 7th, 2022

昨日(8/6)で、国内感染者があらたに22万7536人の新規感染者が発生、そして累計では1409万5634人になったという。(日経電子版8/622:15更新

累計感染者を我が国の全人口で割ると11.2%になる。我が国の10人にひとりはコロナ感染を経験したことになっている。

コロナに感染したら、どうすればいいのか?

病院で診察してもらおうと思っても、「コロナ感染者は保健所経由で診察」ということになる。なんのことはない、素人判断で解熱剤でも飲んでしのぎなさいということになっているようだ。

ところが、だ。

日経電子版(8/6 23:00更新)に「解熱剤、コロナ急拡大で品薄 「カロナール」など増産へ」という記事がでていた。この記事のリード文は以下:

新型コロナウイルスの感染者急増を受けて、医療機関や店頭などで解熱鎮痛薬が品薄になっている。あゆみ製薬(東京・中央)は出荷調整をはじめた医療用の主力解熱薬「カロナール」の増産に乗り出すなど、需給が逼迫する中でメーカー各社は増産準備を進めている。ただ、足元の感染拡大には対応できそうにない状況だ。

「医療機関や店頭などで解熱鎮痛薬が品薄」になっているという。

カロナールなんて解熱鎮痛剤は各家庭の「常備薬」のはずだ。我が家では、「家庭内在庫」が品薄になると、かかりつけのお医者さんに処方してもらうことにしている。記事を読むと、お医者さんの処方するものだけでなく、一般薬局の店頭で処方箋を必要としない解熱鎮痛剤も品薄になっているというから驚いてしまう。

医療崩壊は避けなくてはなんて聞くが、なんのことはない、もう末期的な状態になっているようだ。

私のような「老人」は、うちでじっとし、嵐がとおりすぎるのを待つしかなさそうだ。