Red5の利用:SWFでつまずいてしまった・しばらく作業を中断

April 30, 2009 – 4:49 pm

今日で4月も終わり。11日に「Red5の利用:Flashファイルの作成とWPポスト上への埋め込み」を書いて、20日が過ぎる。いろいろやってみたが、Red5を利用しようとするのは、結構、敷居が高いなと感じた。で、方針を変更。Red5利用のための作業はしばらく中断することにした。

ActionScriptというのは、確かにレベルの高いUser Interfaceを作ろうとすると、かなりパワフルだ。ブラウザ自体にはサポートされていないものの、大部分のブラウザでFlashがプラグインされている。標準的な技術として、これを使われるのは当然の流れと思う。

しかし、いざ非力な私が、ActionScriptを用いてスクラッチからユーザーインタフェースを作ろうとすると、かなり大変だ。AdobeのFlexの学習ビデオをのぞいてみると、「5日間」のコースで学べるということになっているが、学習内容はかなりの分量だ。相当の期間、かなり気合を入れてやらなければ使えるところまでは理解できないだろう。それなりの規模でプログラミングできるレベルになろうとするのは無理と感じた。とても片手間というわけにはいかない。

Red5のクライアント側はActionScriptで書くことになる。Red5を我がサーバーにインストールし、サンプルをインターネット上で動かしてみるところまでは簡単だ。事実、私のサーバー経由で、ストリーミングサーバーとしての機能を確認することまでは、何の困難もなくやり遂げることができた。しかし、その先をやろうとすると、どうしてもActionScriptに精通してないととても太刀打ちできないということになる。

ということで、しばらくRed5まわりの作業は中断。出直すことにした。

しかし、この間、「群盲、像をなぜる」という感じで、右往左往しながらやったことは、無駄ではなかったような気がする。Webプログラミングの最近の流れが、それなりに理解できたように思う。

ま、ぼちぼちSWFを学習し、いつの日か、近いうちに挑戦することにしよう。
ま、敗北というより、休戦だな。

関連ポスト:


  1. 1 Trackback(s)

  2. Nov 6, 2009: MXコントロールVideoDisplayを使ったflvの再生 | Yama's Memorandum

Post a Comment