団体定期保険(生命保険)が満期を迎えた

August 18, 2019 – 3:23 pm

契約していた団体定期保険が満期を迎え、その知らせを受け取った。

この団体定期保険、勤務先の会社の従業員や家族に限定されるもので、割安の「掛け捨て」生命保険といったもの。定かではないが、私が数十年前に結婚した直後に契約・加入した筈だ。14年前に退職した後も、「継続加入グループ保険」として、ずっとお世話になった。

この保険の加入資格は、「(勤務した組織の)共済会会員で、申込日現在健康で正常に勤務されている70歳6ヵ月以下」となっていた。退職後も、保険保証金額の変更など条件の変化はしたが、継続して加入していた。

昨年の10月で70歳、そして今年10月には71歳になり、「継続年齢超過の為党保険年度をもって脱退となります。」との案内を受け取った。加入資格がなくなったということだ。送付された案内のなかで、「令和1年10月末日で保険期間満了」ということになっている。

生命保険の対象にする以上に高齢になったということなのではあるが、無事に保険期間満了の日を迎えられたこと自体は喜ばしいことなのではと思った次第。

関連ポスト:

    関連するPostはありません


Post a Comment