Archive for the ‘身の回り・時事・雑感他’ Category



J-Alert発報と資源ごみ収集活動

Saturday, September 16th, 2017

昨朝7時に例のJ-Alertが発報した。北朝鮮のミサイルが日本上空を飛来したのを受けての警報だ。スマホの緊急通報がけたたましく鳴り、私の住む町の緊急通報設備では気味の悪いサイレンが鳴動した。

このJ-Alertの内容は以下のものだ。

緊急速報
政府からの発表
2017/09/15/ 07:00
「ミサイル発射、ミサイル発射、北朝鮮からミサイルが発射された模様です。建物の中、又は地下に避難して下さい。」
(総務省消防庁)

我々住民は、この警報を、避難「指示」と受け止めるべきように思う。指示の中身は、「外にはでてはいけない」「(屋外の)活動は行わないで、至急、(最低)建物のなかに避難しなさい」ということの筈だ。
(続きを読む)



8月のウォーキング実績 平均 3,661歩/日

Friday, September 1st, 2017

新しい月、9月を迎えたということで、先月のウォーキング実績をメモしておいた。

2017年 8月のウォーキング歩数(平均: 3,661歩/日)

(上図のうち、棒線が赤い日は1時間の水中ウォーキングをしている(歩数には加算していない))

(続きを読む)



茨城県知事選(2017年) 各候補者の原発への態度を見てみた

Monday, August 21st, 2017


私の住む茨城県では、投票日は27日で、県知事選挙が行われる。

今朝、郵便受けにこの知事選挙の選挙公報が入っているのを見つけた。右図が、この選挙公報のフォトコピー。パソコンに繋がっているスキャナーを用い作成した。この図をクリックすると拡大図が現れ、その内容を読み取ることができる。

私の住む地域では、選挙公報は新聞の折り込みとしてしか配布されなかったが、やっと新聞を定期購入しない所帯にも配布されるようになったようだ。結構なことだ。

知事選挙などの地方選挙では、立候補者の主張を知る手段は選挙公報しかない。我が家では、前回の選挙では、新聞を定期購読していなかったので選挙公報も手にはいらず、投票所で選挙公報を読み、投票に臨んだというおぼえがある。 (続きを読む)



ポルトガル旅行 2017 (計画・準備編2) Pousada巡りを計画

Thursday, August 17th, 2017

あれこれ検討してみたが、結局、今回の旅行はポサーダ(Pousada)巡りということに落ち着いた。

Pousadaというのはポルトガル語で「旅館」とか「宿」ということのようだが、本来の意味とは別に「お城や修道院、貴族の館などを保存、改修したり、あるいは景勝地に地方特有の建築様式を生かしてたてられたポルトガルならではの宿泊施設」を指すという。スペインの「パラドール」のポルトガル版と言えるようだ。

ポルトガルといえば、大航海時代の覇者。車でPousada巡りをすれば、この国の過去の栄華を実感できるのではないか、と考えた。

旅程を検討するのに、Google Maps APIを活用し、Pousadaと周囲の観光スポットの位置関係を把握できるツールを作成することにし、現在作業を進めているところだ。右図は、手始めに、ポルトガル全土のPousadaをGoogle Map上にピンしてみたもの。

工夫すれば、このAPI、かなり役に立ちそうな感じがする。以下、ポサーダについて、そして Google Maps APIの使用法についてメモしておいた。 (続きを読む)



梅干し作り 2017

Sunday, August 13th, 2017

今日で、今年2017年の梅干しづくりが終わる(筈だ)。夕方まで、晴れがつづけば今年の3ラウンド目の天日干しが終了する。今年は、8月に入り天候不順で日照時間も少なく天日干し作業が難航した。

梅干しづくりを始めたのは早期退職した翌年2006年からで、今年で12回目になる。倉庫のなかには、「10年もの」の梅干しが保存されている。年数がたてばいいかどうかは分からないが、5年以上経過した梅干しは絶品という感じがする。自家製の梅干しを作っているからこそ味わえるのではないかとひとり悦に入っている。

右の写真は、ベランダで天日干しの様子を撮ったもの。今年は3ラウンド繰り返した。

梅干しを干すのは、ワンラウンド「三日三晩」というらしい。理想的には、昼は天日干し、夜は夜露に曝すということのようである。さすがに夜は予期せぬ雨に降られたらたまらないので家のなかに取り込んでいる。

梅干し作りを始めたころのブログ記事の写真と見比べてみると、一度に干す梅の量が増えているのがわかる。毎年、少しづつノウハウを蓄積し、梅干し作りのプロに近づいているのではと、密かに思ってる。