加給年金手続きの案内がやってきた

September 28, 2012 – 4:00 pm

日本年金機構から「老齢厚生年金加給年金額加算開始事由該当届(生計維持申立書)」手続きのための書類(手続き用葉書)が送られてきた。手続き自体は、手続き用の葉書に自分の住所と名前、そして妻の名前を記入、これに50円切手を貼って投函すれば完了といたって簡単だ。簡単とはいえ、この手続きをきちんとやらないと、「加給年金額の支払いが開始され」ない。極めて大切な手続きだ。

加給年金のための手続き: 4年前に「年金証書」を受け取ったとき、このブログに「年金証書が送られてきた」なるエントリーを書いた。そこには、(公的な)年金の受給に係わり今後必要な手続き」として4項目があげられており、そのなかで

特別支給の老齢厚生年金を受けている方が定額部分の支給開始年齢到達などにより加給年金額を受けられるようになったとき

「社会保険業務センター」から届出用紙が送付され、必要な届出をすることが必要とされている。

冒頭に触れている「老齢厚生年金加給年金額加算開始事由該当届(生計維持申立書)」なるものがそれに該当する。

年金機構から送られてきた書類: 年金機構から送付されてきたのは、届出用の葉書と記入要領などが書かれた書類だ。このコピーを以下添付しておく:

年金機構からの書類(1)

年金機構からの書類(2)

年金機構からの葉書(裏)

関連ポスト:


  1. 1 Trackback(s)

  2. Nov 18, 2012: 「国民年金・厚生年金保険 支給額変更通知書」が送られてきた | Yama's Memorandum

Post a Comment