白内障手術を受けてきた

October 14, 2020 – 10:19 am

一昨日、右目の白内障の手術を受け、昨日は眼帯を取り外してもらった。

想像以上に良く見える。おかしな表現になるかもしれないが、数十年前のテレビ画像が突然4K画面に変わったような風景だ。ただ、眼帯を外した直後は画面が揺れたような感じで、少し変な感じがした。

これから、しばらくの間、経過をチェックしてもらうこと、処方された3種類の目薬を点眼するなどが必要になるという。

これで本も苦労なく読めることになりそうだ。

術前、気になったことのひとつは、手術費用がどの程度になるかということだった。結論をいうと、健康保険の適用範囲で、日帰り手術(外来)ということで、国保の高額療養費制度が適用されることから心配するほどではなく、安心した。

下に、術後の支払い時にもらった領収書の一部をアップしておいた。

保健の合憲点数が16264点で、保険適用前の医療費が 162,640円となっている。これに個人負担割合をかけたものが病院窓口での支払いということになる。私の場合、2割負担額が高額療養費制度の上限18,000円以下で収まった。

上述した治療費は、日帰り手術当日の費用だが、術前の検査・準備、そして術後の検査・投薬などがこれに加わる。

我が国の国民健康保険制度に感謝。

関連ポスト:


Post a Comment